« かきのたね | トップページ | *なるようにしかならんらー »

*かある

返るという意味である。

「忘れかある」(忘れ返る)・「うらっかある」(裏返る)・「ふんぞりかある」(ふんぞりかえる)・「板んかある」(板が反り返る)というように使う。

例文

「あいたた」

「どうしたよー。」

「こぐらがかあった。」

「だいじょうぶけ?普段運動しとらんもんで、そーなるだに。」

「・・・・・・・・。」

「食っちゃ寝ーばっかだで、そーなるだって。ねえ聞いてる?。」

「そんなこたあええで、・・・・・。」

「食うにしたってきちっと栄養のバランスも考えんとかんだに。」

「はあ分かったで、助けてくりょー。」

「こういう時に言っとかんと普段聞きゃせんで言わしてもらうけどねー。」

「後に・・・せろ・・やー・・・・。」

「あっそ。ところであんたさーあ、あんたくついたも裏があってるけど・・・

ね!れってファッション?」

「・・・・おんしゃ、・・もしかして人ん不幸愉しんでる?」

「あ、判る?やっぱ。」

「ざけんじゃねーぞ、直ったらぶっさぐってやる。」

「それが助けえ求める人ん言う言葉けー。」

こぐらがかあった(足がつった)人をもてあそんで楽しんでる人と、それどころじゃない人の会話。

発音はかある(KA・A・RU)ではなくかーる(CAR・RU)と書けば判り易いだろうか。

注釈として、「くついた」は(靴下)、「人ん不幸・人ん言う」は(人の不幸・人の言う)と言う意味で(~の)は「~ん」になる事が多く「人ん家・よそん家・ぼくんち」と言う使い方と同じである。

|
|

« かきのたね | トップページ | *なるようにしかならんらー »

1-2・遠州弁か行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/15221822

この記事へのトラックバック一覧です: *かある:

« かきのたね | トップページ | *なるようにしかならんらー »