« ONEPIECE | トップページ | *ほいたら・そしたら »

男たちの大和と硫黄島からの手紙

私は、年齢の割りに古い戦争映画を観てる方だと思います。

父親が戦争映画が好きで、小さい頃、なんだか知らないけどよく映画館に連れられてよく見せられたからです。戦意高揚とか男の生き様とか愛機や艦と運命を共にする美学とか、将官級の大きな話しから、兵卒の生き様まで結構、戦争活劇劇映画といっても幅が広いもんです。もちろん戦争を繰り返さないための真実を追い求めた作品も沢山ありました。その頃の映画と比べても、最近の戦争映画は遥かに凄惨で悲惨です。

「大和」と「硫黄島」は両作品とも、アドレナリンの出る余地が無い位に自分がもしその場にいたら逃げ出したい気持ちになります。でも、この作品の違いは、生き残った者の描き方が間逆だと言う事でないのでしょうか。

「大和」では、死んでいった人達に自分だけが生き残ってしまって申し訳ないという罪悪感。「硫黄島」では、生き延びた事が目的を成し遂げたという達成感。試写会かなにかでクリント・イーストウッド監督が渡辺謙さんよりも二宮和也さんをBOYと呼んで慈しんでいた風に見えたのも、あの過酷な中で生き抜いた兵士と重なり合って見えていた監督ならではの視線からだと思います。ある意味当事者でない日本人以外の人からこの映画を眺めれば「奇跡のサバイバル」と映っているのかもしれません。でも、私は日本人ですので、「大和」の心情の方が心に響きます。しかし映画としてなら「硫黄島」の方が心がつき動かされました。

大東亜戦争時のアメリカのドキュメンタリーフィルムを見たりすると、草むすかばねは日本人ばかりで米兵は映っていません。戦は勝たねば意味がない。終戦後ほとんどの軍人は敗戦故の責任の取り方としてを閉ざし語り継ぐことなく、静かに世代の引継ぎを行う道を選ばれました。その結果、本当の出来事が私達の世代に伝わっていなくて、邦画で観るよりも戦争慣れしている米国の方が遥かに「戦場」を描ききれていると思えたからです。登場する兵士全てに人格が見えていて次々と戦友逝ってしまう光景は観ていて本当に辛いものがあります。どのシーにおいても自分がもしこの状況だったらと重ねることが出来ました。もっとも、私だったら間違いなく手榴弾で泣きながら死んでることでょうから以後は幽霊としてですが。

「大和」では反町さん・中村さん・松山さんに集中していて、その分戦友に対する重みが薄く、言葉は悪いんですが同じ部署の人間が倒れたぐらいの感覚で悲しみよりも「こんちくしょう」という想いの方が強く感じました。それほどお三人方の闘争本能に火が点いたお芝居が他を圧倒していたとも取れる訳ですが、戦友の死の悲しみや辛さは「硫黄島」の方が強く感じることができました。でも闘争本能が醒めた後の虚無感は松山さんと仲代さんのお芝居が効いていて、切なかったです。

両作ともほぼ140分ですが、陸海の違いこそあれ描き方が違うと観終わった後の余韻が違うのはこのような理由なのでしょうか。

いづれにしても、戦争という外交手法は選択すべきものではないと、間違いなく両作品は語ってくれます。楽して生きて行きたいなら戦争や集団の暴走という悲劇を回避しなくてはなりません。そういう信念の人に観ておかなくてはいけない教訓作品だという一面もあるでしょう。

|
|

« ONEPIECE | トップページ | *ほいたら・そしたら »

3・戦争活劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/15262246

この記事へのトラックバック一覧です: 男たちの大和と硫黄島からの手紙:

« ONEPIECE | トップページ | *ほいたら・そしたら »