« 継続は力なり | トップページ | *やっきりこいちゃう »

ラフ

家でDVDを観た時、映画館で観た時と映画のもつ雰囲気の違いに驚いた。

テレビのちっこい画面だとストーリーばかりに目がいってしまって、映画館で感じた空気感が味わえない。

何でだろうと無い知恵を絞ってみたら、水の表現力なんじゃないだろうかと思えてきた。泳ぐ、水の中に浮かぶ事を感じる為にはテレビと言う金魚鉢じゃ駄目で、映画館のスクリーンサイズでなくちゃ駄目なんじゃないのだろうかと。

原作では、感じられなかった水の世界を、映画では感じることができたのに、ちょっと残念。

この映画では、松重豊さんが抜群に好きです。オヤジVS圭介の結末は原作にもないけど、その後どうなったのか本当見てみたい。

解釈が分かれるんじゃないかと思うのは、、亜美の心情の移り変わり方だと思います。亜美は最初から圭介のことが好きで、早く気づけよこの鈍感男。そして、やっと判ったか・・・と言う時に自分のせいで、たいせつなお兄ちゃんに怪我を負わせてしまった罪悪感から、やっと縮まった圭介との距離を詰める事に遠回りしてしまう、と、捉えるか。それとも、好きの反対は嫌いではなく、ほんのちょっとしたボタンの掛け違えで好きと嫌いが交差してしまうのか、つまり、人を好きになる時の好きのランクは、普通<意識<嫌い<好きなんだよとこの作品は謳っているのか。

どっちをとっても、観れてしまうのは、良い事なのかどうでも良い事なのか私にはわかりません

悪口書いていると思われるのは心外で、結構この作品好きなんです。スキマスイッチさんの音楽もここぞと言う時に聞こえて来るし、長澤まさみさんだし。

原作の長さを考えると、映画一本の長さはあまりにも短くて、取捨選択の妙が監督さんの力量なんだろうけど、家と映画館でどうしてこんなにテンポ感が違ってかんじるんだろう。

じっくり見直せば分かるんだろうけど、映画館で観た時のイメージの方を大切にしたいので、深く追求するのは、止めよう。

|
|

« 継続は力なり | トップページ | *やっきりこいちゃう »

2・映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/14852285

この記事へのトラックバック一覧です: ラフ:

« 継続は力なり | トップページ | *やっきりこいちゃう »